• 将来性のある仮想通貨の一つリップル(XRP)を紹介

    将来性のある仮想通貨の一つリップル(XRP)を紹介

    扱ったことがない人でも『仮想通貨』という言葉はほとんどの人が聞いた事があると思います。現在仮想通貨は世界中に数千種類以上存在すると言われています。この十年の間に仮想通貨はすごいスピードで市場を開拓しました。そして今年、2021年5月頃から大きく下落しましたが、その後高騰と暴落を繰り返し、2021年11月現在、最高値をたたき出し推移しています。そんな仮想通貨の中で将来性が有望と言われている『リップル(ripple)』について、今回ご紹介したいと思います。仮想通貨に投資していて他の銘柄が気になる方、これから仮想通貨投資を始めようと思っている方はぜひ最後までご覧いただき、今後の参考にしてみてください。   リップル概要 2012年に設立、SBI RippleAsiaで日本と韓国に進出。全てのブロックチェーンとレガシーテクノロジー間の相互運用性を確保するためILP(インターレジャープロトコル)を発表したり、すべてのトランザクションの運用の一貫性と法的な明確さを保証するルールブックを作成および維持するためRippleNet委員会が設立されます。その後も快進撃を進め、現在では300以上の金融機関がRippleNetと提携しています。   リップルのシステム構造 リップルは、ビットコインを代表とする管理主体のない仮想通貨とは異なり、リップル社(Ripple Inc.)という管理主体が存在する中央集権型の仮想通貨で、単位はXRPです。 リップルの取引はブロックチェーンによる分散処理ではなく、POC(プルーフ・オブ・コンセンサス)を採用しており、リップル社が管理・認定する「バリデーター」と呼ばれる承認者の多数決によって合意されるため、ビットコインやイーサリアムよりも処理の高速化とコスト低減に成功しています。   リップルの特徴 リップルはIoV(Internet of Value:価値のインターネット)を目指した通貨で、送金スピードやコスト面で優れています。IoVは、インターネットを通じて情報やデータが場所や時間を問わず瞬時に伝達・交換できるのと同様に、金融資産をはじめとするあらゆる「価値」資産の交換が瞬時に実行できるシステムのことで、このシステムを用いて、先にも述べましたが世界各国の金融機関と提携し、国際送金手段としての実用化を進めています。現在のリップルのIoVシステムを使った取り引きは約4秒で完結しています。またリップルはブリッジ通貨としての役割が期待されており、例えば「日本円⇔リップル⇔米ドル」のように国際送金に利用されます。国内でもみずほ銀行やりそな銀行など大手金融機関がリップルによる送金システムを用いた実証実験を行っています。

    読み続けて
  • 注目の画像 可能性のリップル - 可能性のリップル

    可能性のリップル

    デジタル資産が暗号通貨というリップルでどう進化するのか 今後さらに活用されるという可能性を秘めたリップルのチャートと技術的な変化とは。 2021年以降のチャートを調べると、1月の30円から8月には85円へと推移し、特に4月5日の71円から17日の178円へと急激な値上がりをし最高値を記録しました。約10日で100円の値上がりです。微妙に上下しながらも成長をし、短期間の高騰をする傾向も見られます。 リップルは独自の「即時グロス決済システム」という処理システムを持っています。例えば支払い不能の事態が発生した場合でも、リスクを軽減できるという利点があります。これにより他社の暗号通貨で10分かかっていた決済をリップルでは数秒で行うことができます。

    読み続けて
  • 注目の画像 暗号通貨のバブル - 暗号通貨のバブル

    暗号通貨のバブル

    暗号通貨は2017年頃に大きなバブル期を迎えました。アルトコインを含めて軒並み爆発的な価格の上昇をみせ、このチャンスで上手くお金を増やして一攫千金に成功したという人も少なくありませんでした。その後価格が一気に下落した時には、これで終わりという予想をしていた人もいましたが、実際にはそれからも緩やかに上昇していき、2021年の春には過去最高のチャートを記録しました。中国政府の動きなどもあり、現在ではその時から比べると大きく価格が減少していますが、来年以降どうなるかはだれにもわかりません。 投資してみよう 暗号通貨は一般的な株や為替取引と比べて価格変動が激しいことが特徴です。短期間で大きな利益をあげることができるのです。反対に短期間で多額の資産を失うことがあるというリスクもあります。

    読み続けて
  • 注目の画像 リップルの時価総額 - リップルの時価総額

    リップルの時価総額

    リップルの2021年8月時点での価値は80円程です。過去に暗号通貨がバブル状態にあったときには400円近い金額を記録しました。 他の暗号通貨と比べて 1BTC(ビットコイン)が約450万円、1ETH(イーサリアム)が約30万円というのが現在の値段です。リップルはシステムの特徴もあり、その有名さやシェア率の高さに比べて値段が低いです。投資対象としてはあまりみられていないということでもあります。

    読み続けて
  • 注目の画像 リップルの価値 - リップルの価値

    リップルの価値

    リップルは暗号通貨の中で3番目の時価総額を持ち、マイニングをして獲得することができません。その価値をこちらでご紹介します。 1,000億枚が既にすべて発行済み リップルの総量の上限は1,000億枚ほどですが、その全てが発行済みになっています。これはリップルが他の暗号通貨と異なるシステムを持つことが理由です。そしてこの1,000億枚はシステムが利用されるごとに減っていきます。こうすることで希少性が維持され、価値が見いだされるのです。この上限枚数の全てがユーザーに渡っているわけでもなく、管理しているRipple.incが大多数を所持しており、需要と供給に応じて適切に市場に放出します。

    読み続けて
  • 注目の画像 リップルの特色 - リップルの特色

    リップルの特色

    リップルはビットコインなどと違って中央集権型のシステムであり、一般的な金融システムと同じように特定の会社が運営しており、Ripple.incという会社が管理を行っています。他の暗号通貨のようにブロックチェーン技術は採用されていません。 送金に適した暗号通貨 リップルはそもそも異なる通貨間で価値を保ったまま、できるだけ少ない手数料で送金を可能にするために生み出されました。従来では国際送金の際に高い手数料や時間がかかったりと、不便なシステムしかありませんでした。しかしこのリップルのRTXPというシステムは、一瞬で尚且つほぼ手数料なしで送金を可能としています。

    読み続けて

将来性のある仮想通貨の一つリップル(XRP)を紹介

将来性のある仮想通貨の一つリップル(XRP)を紹介

扱ったことがない人でも『仮想通貨』という言葉はほとんどの人が聞いた事があると思います。現在仮想通貨は世界中に数千種類以上存在すると言われています。この十年の間に仮想通貨はすごいスピードで市場を開拓しました。そして今年、2021年5月頃から大きく下落しましたが、その後高騰と暴落を繰り返し、2021年11月現在、最高値をたたき出し推移しています。そんな仮想通貨の中で将来性が有望と言われている『リップル(ripple)』について、今回ご紹介したいと思います。仮想通貨に投資していて他の銘柄が気になる方、これから仮想通貨投資を始めようと思っている方はぜひ最後までご覧いただき、今後の参考にしてみてください。

読み続けて

暗号通貨のバブル

注目の画像 暗号通貨のバブル - 暗号通貨のバブル

暗号通貨は2017年頃に大きなバブル期を迎えました。アルトコインを含めて軒並み爆発的な価格の上昇をみせ、このチャンスで上手くお金を増やして一攫千金に成功したという人も少なくありませんでした。その後価格が一気に下落した時には、これで終わりという予想をしていた人もいましたが、実際にはそれからも緩やかに上昇していき、2021年の春には過去最高のチャートを記録しました。中国政府の動きなどもあり、現在ではその時から比べると大きく価格が減少していますが、来年以降どうなるかはだれにもわかりません。

読み続けて

リップルの特色

注目の画像 リップルの特色 - リップルの特色

リップルはビットコインなどと違って中央集権型のシステムであり、一般的な金融システムと同じように特定の会社が運営しており、Ripple.incという会社が管理を行っています。他の暗号通貨のようにブロックチェーン技術は採用されていません。

読み続けて