• リップルも出資するNFTとは?仕組みや始め方は?

    リップルも出資するNFTとは?仕組みや始め方は?

    3月10日に米リップル社が発表したNFTクリエイターへの出資が話題になりましたね。ブロックチェーン技術を用いた決済ソリューションを手がけるリップル社が出資を行い、その時点で4,000人ものクリエイターがファンドに応募していました。これほどまでに熱気を帯びるNFTですが、 「そもそもNFTって何?」 「ブロックチェーンの会社が出資するってことはブロックチェーン絡みの仮想通貨みたいなもの?」 このように初めて耳にする方も少なくないでしょう。また、NFTは聞いたことがあってもその中身までしっかり把握されてる方は、それほど多くないように思われます。そこで本記事では、NFTとは一体どういったものなのか、内容から始め方まで解説していきます。 NFTとは NFTとは、「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」のことを指します。 と、いきなり言われてもわかりませんよね。漢字を丁寧に見ていけば大枠の理解はできます。「偽造不可」つまり「ニセモノ」を作ることが出来ないということ。そして「鑑定書・証明書」はお墨付きってところですかね。要はエビデンス(証拠)です。最後は、純粋に「デジタルデータ」です。まとめると、「ニセモノを作ることが出来ないようお墨付きをもらったデジタルデータ」ということになります。 NFTの必要性について では、なぜデジタルデータを偽造不可な状態にしないといけないのでしょうか?それは従来、デジタルデータが現物と違って偽造や改ざんが容易に出来てしまっていたため資産的価値がなかったためです。例えば、有名な「モナリザ」は様々なところで模倣されていますが、その模倣品に資産的価値はありません。ルーブル美術館に展示されている本物のみが価値を持っています。鑑定士などのお墨付きをもらい「本物」と「ニセモノ」の区別が着くようになっているからです。 しかし、デジタルデータは改ざんが容易で「本物」と「ニセモノ」の区別がつかず、価値を付与することが困難でした。そこで登場したのがNFTです。NFTは、ブロックチェーンの技術を用いて改ざんを防ぎ、デジタルデータに価値を付与することを可能にしました。要するに、所有権の証明が可能になったのです。デジタルデータで話題になっているものには「アート」や「ゲーム」、「音楽」などがあります。NFTの出現によりデジタルデータの市場進出が始まりました。 NFT 始め方 NFTは、クリエイターとして創作物を生み出し、参画して売りに出すことも可能ですが、一般の方が仮想通貨のように売買によって利益を出すことも可能です。まずは取引所で仮想通貨を購入します。 「Coincheck」や「bitfFyer」などが有名です。そして「ウェブウォレット」と呼ばれるインターネット上の仮想講座に送金します。日本語にも対応している「メタマスク」が使いやすいでしょう。送金が完了したらnftマーケットプレイスで各種手続きを踏み、売買していきます。 国内初のNFTマーケットプレイス「Coincheck

    読み続けて
  • 【Netflix】「トラスト・ノー・ワン」に学ぶ仮想通貨の3つの注意点

    【Netflix】「トラスト・ノー・ワン」に学ぶ仮想通貨の3つの注意点

    「仮想通貨は詐欺だ」と思われる方も少なくはないでしょう。なぜなら、仮想通貨の元になっている技術「ブロックチェーン」がここ約10年程度の歴史しかない、新しいものだからです。世間では「新しいもの・分からないもの=詐欺・悪」のようなレッテルが貼られるので、仮想通貨に対して、このような印象を持たれるのも無理はないでしょう。 確かに仮想通貨にはリスクがつきものです。ただし、いくつかの注意点やリスクを十分に理解して臨めば、大きな収入源となってくれる可能性を秘めています。 今回は、Netflixで公開された「トラスト・ノー・ワン」という映画を参考に仮想通貨の注意点を解説していきます。また、注意点を押さえた上で仮想通貨を始めれば、どんなメリットがあるのかまでご紹介していきます。 仮想通貨は詐欺?「トラスト・ノー・ワン」から学ぶこと 早速、映画「トラスト・ノー・ワン」からどういったことが学べるのか解説していきたいと思います。少しネタバレになる部分もあるので、映画を楽しみにされている方は気をつけて読み進めてください。 映画「トラスト・ノー・ワン」の概要 「トラスト・ノー・ワン 消えた巨額仮想通貨を追え!」が正式なタイトルとなります。内容はタイトル通りで、取引所から仮想通貨を引き出すことが出来なくなった事件を巡るドキュメンタリー映画で全てが実話とされています。 仮想通貨が引き出せなくなったのかの経緯をご説明しましょう。2018年当時、カナダで最大手だった仮想通貨取引所・QuadrigaCX(クアドリガCX)の創業者でありCEOのジェラルド・コッテンが、妻ジェニファー・ロバートソンとインドを訪問した際にある病気によって急逝します。 資産を引き出すためのパスコードを知っていたのがCEOであるジェラルドのみであったため、顧客の仮想通貨が引き出せなくなってしまいました。その額は、なんと約1億9,000万ドル(当時のレートで約210億円)です。もちろん顧客たちは大騒ぎです。そんな中、ジェラルドの死に疑問を持つ人たちも現れます。「ジェラルドは実は生きている?」このような不可解な事件を追っていくドキュメンタリー映画なのです。 映画「トラスト・ノー・ワン」からの学びとは? では、映画の内容から私たちは何を学ぶことができるでしょうか。ポイントは二点です。 一点目は「資産が引き出せなくなる」点です。仮想通貨を構成する「ブロックチェーン」の技術自体は非常に優れています。そこで狙われるのが取引所です。映画に関しては多少様子が異なるかもしれませんが「パスワード」を知っているのがCEOのみというのはセキュリティ的には弱いでしょう。また、ケースとして多いのは取引所へのハッキングです。個人情報の流出や資産の盗難といった事件も実際に起きています。 このように「資産の保護」といった観点で十分に注意する必要があります。 二点目は「価格の暴落」についてです。映画でジェラルド・コッテンが亡くなった時期はビットコインの価格が急落した時期でもありました。2017年末あたりでは1ビットコインの価格が2万ドルを超えていたものの、2018年に入り1ビットコインあたりの価格が4000ドルにまでの暴落を見せました。要因は様々ですが、ボラティリティが高い=リスクが高いのです。

    読み続けて
  • なぜリップル(XRP)は今後伸びていくと言われているのか

    なぜリップル(XRP)は今後伸びていくと言われているのか

    リップルは2004年から考案されていた仮想通貨であり、2013年配布で正式にリリースされました。 2022年3月現在はビットコインやイーサリアムなどに続いて、時価総額第6位(2022年3月現在)の仮想通貨にまで成長しています。 仮想通貨の中でも処理コストが安いという特徴があって、取引の処理はわずか数秒で完結するのが魅力的です。 仮想通貨自体が価格の上昇傾向を見せている中で、リップルの今後の見通しはどの様になっているのでしょうか? リップルとは? リップルは、リップルに関連するプロジェクト・プロダクトの総称や、ネイティブ通貨(XRP)自体を指す言葉です。 リップルは、ビットコインの基礎的な技術を応用したアルトコインとして知られています。 しかし、リップルの開発自体は2004年にスタートしており、2009年にはじめてのビットコインが発行されたことを考慮すると、ビットコインよりも5年も先に開発自体は始まっていました。 さまざまな経緯があったものの、先に運用がスタートしたビットコインを参考にしながら開発が進み、リップルは2013年に運用がスタートしました。 ビットコインと基礎的な技術は似通っているものの、リップルでは「リップル社」が管理の主体となっており、中央集権的な側面があります。 なぜリップルは今後伸びていくと言われているのか 今後伸びていく可能性が高いと言われているリップルですが、6つの理由を簡単にご紹介します。 送金速度が早い リップルは、銀行間送金向けに特化しているので、他の仮想通貨に比べて、ダントツに送金速度が早いのです。 送金手数料がとても安い

    読み続けて
  • いま改めてリップルを知ろう

    いま改めてリップルを知ろう

    リップルの今後をきちんと見通せれば、より多くの利益を得られます。そのためにも、リップルの特徴やこれまでの価格推移、様々な投資家の価格予想などを元に、将来性や価格予想を考えることが大切です。 仮想通貨 おすすめのリップル(XRP)とは? まず初めに、おすすめの仮想通貨・リップルの特徴を解説していきます。 特徴1:決済スピードが速い リップルは、送金速度が速いのが特徴です。約3.3秒で送付し、手数料も約0.0004ドルで処理、1秒あたり1,500件のトランザクションが処理できるとリップル社は公表しています。ビットコインやその他のメジャーアルトコインと比較するとかなり速く安く送金ができます。 特徴2:上限枚数を発行完了 リップルの発行上限枚数は1,000億XRPです。ビットコインは2,100万枚なので、比較するとかなり枚数が多いことが分かるでしょう。そのためコイン1枚に対する価値はビットコインに比べると低いと言えます。ただし、リップルは送金として使われる手数料をバーン(燃やしてなくす)しており、市場から徐々に減らしていくように作られています。 リップルの今後 リップルは、米国証券取引委員会に「XRPは証券に分類されるから、登録が必要だ」という内容で、提訴されています。ビットコインなどは、ユーザー同士でシステムを監視し合う「分散型通貨」となっていますが、リップルの運営主体はリップル社。「中央集権的」な特性を持っているため『リップルは証券に該当するのではないか?』という疑惑が発生しています。 【最新情報!】2022年2月リップルと米国証券取引委員会の間での裁判に好材料が出た関係で、リップルの価格は大きく高騰しています。 リップル取引で使いやすい人気のスマホアプリは? 今後リップルのトレードをする際におすすめのスマホアプリをご紹介します。 DMM Bitcoin

    読み続けて
  • リップル(XRP)の実用性!国内で決済として使える店舗やサービスはある?

    リップル(XRP)の実用性!国内で決済として使える店舗やサービスはある?

    最近テレビで仮想通貨の取引所のCMをよく見かけますよね。再び、にわかに盛り上がりを見せている仮想通貨ですが、中でも今後伸びていく可能性が高いと言われている「リップル」。本記事では、その実用性について検証していきたいと思います。 リップル(XRP)とは? リップル(XRP)とは、2013年に正式リリースされた、リップル社開発の仮想通貨です。2022年現在、ビットコイン、イーサリアムに続き、時価総額6位に成長しており、今後非常に将来性が高いと言われています。すでに定められた上限発行枚数に達しています(1000億枚)。 なぜリップルは今後伸びていくと言われているのか 今後伸びていく可能性が高いと言われているリップルですが、6つの理由を簡単にご紹介します。 送金速度が早い リップルは、銀行間送金向けに特化しているので、他の仮想通貨に比べて、ダントツに送金速度が早いのです。 送金手数料がとても安い 送金手数料は、0.0004ドル(=0.045円程度)しかかかりません。ほとんど、あってないようなものですね。 Paypalの対象通貨の可能性 Paypalは仮想通貨の導入に積極的であり、すでにビットコイン・イーサリアムの利用が開始されているため、リップルもこれに続くと考えられています。 クレジットカード提携の可能性 日本最大の送金業者SBIレミット株式会社とリップルが提携した為、クレジットカードとの提携の可能性が高いです。 大企業からの支援 Bank

    読み続けて
  • 注目の画像 リップルの特色 - 仮想通貨リップル(XRP)の将来性を徹底解説!

    仮想通貨リップル(XRP)の将来性を徹底解説!

    リップルは2004年から考案されていた仮想通貨であり、2013年配布で正式にリリースされました。2022年1月現在はビットコインやイーサリアムなどに続いて、時価総額第8位(2022年1月12日現在)の仮想通貨にまで成長しています。 仮想通貨の中でも処理コストが安いという特徴があって、取引の処理はわずか数秒で完結するのが魅力的です。仮想通貨自体が価格の上昇傾向を見せている中で、リップルの今後の見通しはどの様になっているのでしょうか? リップル(XRP)の現在の価格動向 2022年1月12日時点で、リップル(XRP)は「¥88.28」となっています。 リップルは2021年8月に入ってから大きな価格上昇が発生しており、その後若干の下落を経験しているものの概ねその価格帯を維持している状態と言えるでしょう。2021年は、リップルを含めたアルトコインで全体的に価格上昇傾向が強く、6月~7月にかけて一時的に価格下落が発生しましたが、例年と比較すると高めの価格を維持しています。 リップル(XRP)の今後の見通し・予想 これから、リップル 今後の見通し・予想を5つのポイントから詳しく解説していきます。リップルの今後の見通し・予想を行うのに、チェックしておきたい点を把握していきましょう。 ①   PayPalの動向 日本でも身近なサービスになりつつあるPayPalは、仮想通貨の導入にも積極的です。 すでにビットコイン、イーサリアム、ライトコインの利用を開始しました。しかし、XRPは開始していない状況です。今後、XRPの取り扱いに関する情報次第では、XRPの値段に何らかの影響を与えることは間違いありません。 ②   クレジットカードの動向 2021年7月には、日本最大の送金業者であるSBIレミット株式会社とリップルがオンデマンド流動性サービスの提供を開始しました。送金事業の拡大を図ることが目的とされています。

    読み続けて
  • 将来性のある仮想通貨の一つリップル(XRP)を紹介

    将来性のある仮想通貨の一つリップル(XRP)を紹介

    扱ったことがない人でも『仮想通貨』という言葉はほとんどの人が聞いた事があると思います。現在仮想通貨は世界中に数千種類以上存在すると言われています。この十年の間に仮想通貨はすごいスピードで市場を開拓しました。そして今年、2021年5月頃から大きく下落しましたが、その後高騰と暴落を繰り返し、2021年11月現在、最高値をたたき出し推移しています。そんな仮想通貨の中で将来性が有望と言われている『リップル(ripple)』について、今回ご紹介したいと思います。仮想通貨に投資していて他の銘柄が気になる方、これから仮想通貨投資を始めようと思っている方はぜひ最後までご覧いただき、今後の参考にしてみてください。   リップル概要 2012年に設立、SBI RippleAsiaで日本と韓国に進出。全てのブロックチェーンとレガシーテクノロジー間の相互運用性を確保するためILP(インターレジャープロトコル)を発表したり、すべてのトランザクションの運用の一貫性と法的な明確さを保証するルールブックを作成および維持するためRippleNet委員会が設立されます。その後も快進撃を進め、現在では300以上の金融機関がRippleNetと提携しています。   リップルのシステム構造 リップルは、ビットコインを代表とする管理主体のない仮想通貨とは異なり、リップル社(Ripple Inc.)という管理主体が存在する中央集権型の仮想通貨で、単位はXRPです。 リップルの取引はブロックチェーンによる分散処理ではなく、POC(プルーフ・オブ・コンセンサス)を採用しており、リップル社が管理・認定する「バリデーター」と呼ばれる承認者の多数決によって合意されるため、ビットコインやイーサリアムよりも処理の高速化とコスト低減に成功しています。   リップルの特徴 リップルはIoV(Internet of Value:価値のインターネット)を目指した通貨で、送金スピードやコスト面で優れています。IoVは、インターネットを通じて情報やデータが場所や時間を問わず瞬時に伝達・交換できるのと同様に、金融資産をはじめとするあらゆる「価値」資産の交換が瞬時に実行できるシステムのことで、このシステムを用いて、先にも述べましたが世界各国の金融機関と提携し、国際送金手段としての実用化を進めています。現在のリップルのIoVシステムを使った取り引きは約4秒で完結しています。またリップルはブリッジ通貨としての役割が期待されており、例えば「日本円⇔リップル⇔米ドル」のように国際送金に利用されます。国内でもみずほ銀行やりそな銀行など大手金融機関がリップルによる送金システムを用いた実証実験を行っています。

    読み続けて
  • 注目の画像 可能性のリップル - 可能性のリップル

    可能性のリップル

    デジタル資産が暗号通貨というリップルでどう進化するのか 今後さらに活用されるという可能性を秘めたリップルのチャートと技術的な変化とは。 2021年以降のチャートを調べると、1月の30円から8月には85円へと推移し、特に4月5日の71円から17日の178円へと急激な値上がりをし最高値を記録しました。約10日で100円の値上がりです。微妙に上下しながらも成長をし、短期間の高騰をする傾向も見られます。 リップルは独自の「即時グロス決済システム」という処理システムを持っています。例えば支払い不能の事態が発生した場合でも、リスクを軽減できるという利点があります。これにより他社の暗号通貨で10分かかっていた決済をリップルでは数秒で行うことができます。

    読み続けて

【Netflix】「トラスト・ノー・ワン」に学ぶ仮想通貨の3つの注意点

【Netflix】「トラスト・ノー・ワン」に学ぶ仮想通貨の3つの注意点

「仮想通貨は詐欺だ」と思われる方も少なくはないでしょう。なぜなら、仮想通貨の元になっている技術「ブロックチェーン」がここ約10年程度の歴史しかない、新しいものだからです。世間では「新しいもの・分からないもの=詐欺・悪」のようなレッテルが貼られるので、仮想通貨に対して、このような印象を持たれるのも無理はないでしょう。

読み続けて

将来性のある仮想通貨の一つリップル(XRP)を紹介

将来性のある仮想通貨の一つリップル(XRP)を紹介

扱ったことがない人でも『仮想通貨』という言葉はほとんどの人が聞いた事があると思います。現在仮想通貨は世界中に数千種類以上存在すると言われています。この十年の間に仮想通貨はすごいスピードで市場を開拓しました。そして今年、2021年5月頃から大きく下落しましたが、その後高騰と暴落を繰り返し、2021年11月現在、最高値をたたき出し推移しています。そんな仮想通貨の中で将来性が有望と言われている『リップル(ripple)』について、今回ご紹介したいと思います。仮想通貨に投資していて他の銘柄が気になる方、これから仮想通貨投資を始めようと思っている方はぜひ最後までご覧いただき、今後の参考にしてみてください。

読み続けて

暗号通貨のバブル

注目の画像 暗号通貨のバブル - 暗号通貨のバブル

暗号通貨は2017年頃に大きなバブル期を迎えました。アルトコインを含めて軒並み爆発的な価格の上昇をみせ、このチャンスで上手くお金を増やして一攫千金に成功したという人も少なくありませんでした。その後価格が一気に下落した時には、これで終わりという予想をしていた人もいましたが、実際にはそれからも緩やかに上昇していき、2021年の春には過去最高のチャートを記録しました。中国政府の動きなどもあり、現在ではその時から比べると大きく価格が減少していますが、来年以降どうなるかはだれにもわかりません。

読み続けて