• FTX破綻後のリップル(XRP)の影響は?2023年の価格はどうなる?

    FTX破綻後のリップル(XRP)の影響は?2023年の価格はどうなる?

    2022年11月、仮想通貨取引所のFXTが破綻したという仮想通貨トレーダーにはとって衝撃的なニュースが世界中を駆け巡りました。FXTが破綻することによって、一体どんな影響があったのでしょうか。それに伴うリップルや仮想通貨の価格はどうなったのかも気になりますよね。 そこで今回は、そもそもFTX とは、またFXT破綻後の影響について解説していきます。また、2023年リップル 今後の価格予想をするために知っておくべきポイントについても紹介していきます。 FTX とは? FTXとは、仮想通貨(暗号資産)取引所の一つで、2019年に設立されました。破綻前までは取引額で世界第2位になるほど規模を拡大しており、2022年6月には日本でも仮想通貨取引所の「Liquid」を買収し、「FXT Japan」として運営していました。 そんな勢いに乗っていた矢先の2022年11月に、FXTが破綻申請をしたことを公表し、世界中に衝撃が走りました。この破綻に伴い、FXT Japanを含む取引所や子会社などにも影響があり、負債総額は約500億ドル程度と見込まれています。 FTX破綻後のリップル(XRP)の影響は? 2022年10月以降価格上昇傾向にあったリップルですが、FXTが破綻したことによって、価格はまた下落しました。ただ、リップルに限ることではなく、2022年は仮想通貨市場全体が下落傾向が続きました。FXTの影響も少なからずありますが、弱き相場が続いている仮想通貨市場の今後の動向に注目が集まっています。 リップル(XRP)の2023年の価格はどうなる? 2022年は決して明るい状況ではなかったリップルですが、果たして2023年の価格はどうなるのでしょうか。まずはこれまでの値動きを見ていきましょう。 2017年からのこれまでの値動き

    読み続けて
  • XRPが新規格NFTを実装!スマートコントラクトを使わない「XLS20」とは?

    XRPが新規格NFTを実装!スマートコントラクトを使わない「XLS20」とは?

    メタバースやNFTなど、Web3業界は様々な進化を遂げています。そんな中で、2022年10月31日にXRPがNFTの新規格「XLS20」を実装しました。 「XLS20ってどのようなNFT?」「そもそもXRPやスマートコントラクトとは何?」 という疑問を持っている方に向けて、この記事では XRPとは何か? スマートコントラクトとは何か? 新規格NFT「XLS20」とは何か? について解説していきます。 この記事を最後まで読むことで、新規格NFTの「XLS20」について詳しくなれます。是非、最後まで読んでみてください。 XRPとは? XRPとは、リップル社(Ripple Labs Inc.)のことです。また、リップル社が開発した銀行間での送金システム「RippleNet」上で使用する仮想通貨(暗号資産)の通貨名称も「XRP」と表記されます。 リップル(XRP)は、ブロックチェーン技術を使わない独自のシステムを採用しているため、手数料が格安かつ高速な取引が出来る所が特徴です。 リップル社が独自で開発した、ブロックチェーン技術を使用しない分散型台帳は「XRPL(XRPレジャー)」と呼ばれています。 スマートコントラクトとは?

    読み続けて
  • メタバース体験ができる?アートアクアリウム美術館 GINZAの魅力

    メタバース体験ができる?アートアクアリウム美術館 GINZAの魅力

    早速ですが、メタバースが体験できる美術館があるのをご存知でしょうか。実は最近流行りのアートアクアリウム美術館でメタバースの体験ができるのです。 ただ、そもそものメタバースがよくわからない方もいらっしゃると思いますので、今回はメタバースについて網羅的に解説し、実際にどのような体験ができるのかご紹介します。 メタバースについて まずは、メタバースについておさらいしていきましょう。メタバースとは何なのか。メタバースはどこで活用されているのか解説していきます。 メタバースとは? 「メタバース」を一言で表すと「仮想空間」です。これは「 meta/超越した」と「 universe/世界 」を組み合わせた造語です。現実世界に近い状態で活動が可能なメタバースでは、非対面でありながら、リアルタイムで遊んだり、喋ったり、会議を開いたりすることができます。 外出せずとも Web 上で社会生活を送れるので、2022以降のコロナ禍で特に注目が集まりました。メタバースには明確な定義がなく様々なサービス・遊び方があります。「 3DCG ゲーム」「 NFT

    読み続けて
  • 海外送金に強い!国際送金プラットフォーム「RippleNet」とは?

    海外送金に強い!国際送金プラットフォーム「RippleNet」とは?

    海外に送金する場合、皆さんはいくつの選択肢が思い浮かびますか? 慣れた方であれば、決まった送金方法やいくつかの選択肢を持っていると思いますが、国内で生活しているほとんどの方が海外への送金方法が分からないのではないでしょうか。 今回は、「RippleNet」についてのご紹介と、なぜ海外送金に向いているのか、仮想通貨の紹介から今後の将来性についてご紹介したいと思います。 気になる方は是非一度チェックされてみてください。 「RippleNet」ってなに? RippleNet(以下、リップル)とは、サンフランシスコにあるRipple社が構築した金融機関向けのソフトウェアです。仮想通貨の取引をしたことのある方であれば、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 従来、金融機関での海外送金は、SWIFT Codeと呼ばれる世界各国の主要銀行が加盟している通信ネットワークで、各銀行に割り振られている8桁・11桁の番号を使用して送金を行う方法が主流でした。この従来の送金方法では、時間がかかる、手数料がかかるなどのデメリットが多数ありました。 これらのSWIFT Codeのデメリットをなくし、どの金融機関ともつながることを目的としたものが、このリップルとなっています。 リップルのメリットは? リップルには、次のようなメリットがあります。 低コストで送金ができる リアルタイムな取引で決済は数秒で終了 送金側と受取側がリアルタイムにデータのやりとりが可能

    読み続けて
  • 【まとめ】リップルは100万円になる?価格が気になる仮想通貨

    【まとめ】リップルは100万円になる?価格が気になる仮想通貨

    早速ですが、このような記事をご覧になりましたでしょうか。   『XRP価格が25%上昇でレンジを突破、その理由は?』 参考:https://jp.cointelegraph.com/news/xrp-price-breaks-out-of-range-with-a-25-rally-but-why   最近では、リップルに対するポジティブなニュースが徐々に増えてきています。では、なぜこのようにリップルに対する注目が集まり、ポジティブな側面が生まれてきているのでしょうか。今回は、リップルについての今後の見通しとその理由を解説していきます。     アルトコインについて まずはアルトコインについておさらいです。アルトコインとは「ビットコイン以外の仮想通貨全て」の総称です。仮想通貨は現在一万種類を超えるとされていますが、大きく二つに分類され、それが「ビットコイン」と「アルトコイン」です。アルトコインは非常に種類が多いのはもちろん、決済に使えたり送金に長けていたりと用途も全く違います。また、ボラティリティ(=価格変動の度合い)が高い傾向にあります。こういった特徴を持つのがアルトコインです。代表例に「リップル」や「イーサリアム」などがあります。   リップルについて では、リップルについて詳しく解説していきます。リップルとはリップル社が提供するサービスで、国際送金の課題をクリアするために開発された仮想通貨です。国家の異なる法定通貨を結びつけることから「ブリッジ通貨」とも呼ばれています。リップルの特徴は以下の通りです。   低コストで国際送金が可能

    読み続けて
  • 【2022年8月最新】おすすめのアルトコイン10選

    【2022年8月最新】おすすめのアルトコイン10選

    2022年8月現在、暗号資産全体が下火状態になっている中、この業界から足を洗った方も少なくないでしょう。 確かに、光の見えないトンネルを進み続けるのも非常に困難です。しかし、そんな今だからこそ今後可能性があるもの、どの銘柄が伸びてくるのかしっかり予測を立てる期間かもしれません。

    読み続けて
  • 暗号通貨は氷河期突入って本当!?リップル 今後はどうなる?

    暗号通貨は氷河期突入って本当!?リップル 今後はどうなる?

    みなさんは暗号資産が「氷河期」に突入するのではないか、という内容のニュースをご覧になりましたか。です。金利の引き上げや規制の強化など、様々な要因から2022年1月に約半年ぶりの安値に転落しました。今後の見通しもそれほど明るいものではないとのことです。このニュースを受けて皆さんはどのように感じましたか? 「もう正直上がる気がしないし、このまま撤退かな」 「いや、とりあえずは現状維持で。。。」 様々な意見があるでしょう。今回は仮想通貨の暴落について概要を説明し、今後の見通しまで解説していきたいと思います。この記事が皆さんに仮想通貨の今後を考えるきっかけになる記事になれば幸いです。 仮想通貨 暴落の概要 2022年6月13日時点でビットコインが2020年12月以来、実に1年半ぶりに300万円を下回りました。2021年10月につけた高値からは、60%もの下落率となっています。ビットコインのみならず、イーサリアムにおいても、2021年12月の高値から70%下落と仮想通貨全体が軒並み暴落を見せています。5月上旬に起こったステーブルコインの「TerraUSD(UST)」の機能崩壊の影響は大きく、USTに引きずられる形で仮想通貨全体が下落していきました。 仮想通貨 暴落の理由について では、なぜこのような暴落が起こってしまったのでしょうか。仮想通貨が暴落する原因は大きく以下の5つに分類されます。 大国の規制 株式・為替市場との連動 ハッキングによる被害等 著名人による関連発言 急騰後の反動

    読み続けて
  • 仮想通貨の情報収集に有効なTelegram(テレグラム)とは?使い方は?

    仮想通貨の情報収集に有効なTelegram(テレグラム)とは?使い方は?

    あなたは、Telegram(テレグラム)と言うものをご存知でしょうか。「聞いたことはあるけど中身までは・・・」「存在も内容も知ってるけど使うのに躊躇している」などなど、様々な方がいらっしゃるでしょう。 実は、テレグラムは仮想通貨と切っても切れない間柄なのですが、意外とその認知は日本ではやや低めです。そこで今回は、そもそもテレグラムって何なのか。そして、なぜ日本人があまり使っていないのか、またテレグラムの使い方まで網羅できるよう簡単にまとめています。もしこの記事をご覧の方で、仮想通貨はやってるがテレグラムはやっていないと言う方は、是非この機会に活用を検討してみてください。 テレグラムとは テレグラムは、世界的に利用されているコミュニケーションツールの1つです。チャット機能に特化しており、日本で言う「LINE」を想像して頂ければわかりやすいかと思います。メッセージが暗号化されており匿名性に非常に長けていて、仮想通貨の情報収集にもよく利用されています。 テレグラムのメリット メッセージの送受信の速度が非常に早いため、売買の判断を瞬時に下す必要がある仮想通貨の情報共有ツールとして使いやすいというメリットがあります。また、セキュリティ面の高さや最大10万人のチャットグループが作れることが、テレグラムの人気を後押ししたとも言えます。現在の利用者は、世界で約2億人とされています。 テレグラムのデメリット テレグラムは、デフォルトが英語表記のため、日本に住む私たちには少し使い勝手が悪いことがデメリットと言えるでしょう。また、仮想通貨の情報も共有スピードが早い代わりに、その信憑性は担保されていません。あくまで、個人同士の発信のため、情報の正否は自身で判断する必要があります。 テレグラム 使い方や手順について そんなテレグラムの使い方を簡単に解説していきます。 ①アプリをインストール まずは、アプリをインストールしてください。無料でダウンロードできます。 ②プロフィールやセキュリティ設定を行う プロフィールやセキュリティ等の設定をしていきます。変更したい情報(名前やプロフィールなど)は、「Settings」から設定画面に移って変更します。メリットでも解説したセキュリティ面では、電話番号とパスワードの2段階認証システムなどが採用されています。そのほかにもパスコード設定など対策面は盤石です。

    読み続けて

FTX破綻後のリップル(XRP)の影響は?2023年の価格はどうなる?

FTX破綻後のリップル(XRP)の影響は?2023年の価格はどうなる?

2022年11月、仮想通貨取引所のFXTが破綻したという仮想通貨トレーダーにはとって衝撃的なニュースが世界中を駆け巡りました。FXTが破綻することによって、一体どんな影響があったのでしょうか。それに伴うリップルや仮想通貨の価格はどうなったのかも気になりますよね。

読み続けて

暗号通貨は氷河期突入って本当!?リップル 今後はどうなる?

暗号通貨は氷河期突入って本当!?リップル 今後はどうなる?

みなさんは暗号資産が「氷河期」に突入するのではないか、という内容のニュースをご覧になりましたか。です。金利の引き上げや規制の強化など、様々な要因から2022年1月に約半年ぶりの安値に転落しました。今後の見通しもそれほど明るいものではないとのことです。このニュースを受けて皆さんはどのように感じましたか?

読み続けて

【Netflix】「トラスト・ノー・ワン」に学ぶ仮想通貨の3つの注意点

【Netflix】「トラスト・ノー・ワン」に学ぶ仮想通貨の3つの注意点

「仮想通貨は詐欺だ」と思われる方も少なくはないでしょう。なぜなら、仮想通貨の元になっている技術「ブロックチェーン」がここ約10年程度の歴史しかない、新しいものだからです。世間では「新しいもの・分からないもの=詐欺・悪」のようなレッテルが貼られるので、仮想通貨に対して、このような印象を持たれるのも無理はないでしょう。

読み続けて